すべての12結果を表示

マイクロ凸型超音波スキャナー

マイクロコンベックス超音波は、コンベックスプローブ(カーブドリニアプローブとも呼ばれます)に似ています。コンベックスプローブは、電子アレイスキャンモードで低周波数でより広い視野を可能にするカーブドアレイを備えています。

マイクロコンベックス トランスデューサーは、患者の負担を軽減するために小型化されています。 また、広い画角、高感度、広い帯域幅を維持するように設計されています。

これらのタイプのプローブは、深さが広く浸透が深いため、主に腹部スキャンに使用されます

マイクロコンベックス超音波は、曲線が小さく、接触面がはるかに小さい、より薄く、より小さなトランスデューサーです。これにより、鎖骨上窩や頸静脈窩などの複雑な領域でも、トランスデューサーと皮膚表面の間の結合が改善されます。 マイクロコンベックスプローブは、婦人科の診断にも使用されます。

サインイン/登録
0