生検
生検
September 3, 2019
GUS胃超音波スキャナー
GUS:胃超音波スキャナー
September 4, 2019
Show all

LUS:肺超音波

LUS肺超音波

肺超音波LUS 呼吸不全の原因を診断するのに首尾よく使用されています 緊急部門.

ラス イメージングの主要なツールです 肺実質、主にポイントオブケア技術として。

医師は肺の評価にどの超音波スキャナーを使用しますか?

空気の存在によって制限されますが、 SIFULTRAS-5.42 から、多くの異なる急性および慢性状態の評価に有用であることが証明されています 心原性肺水腫 〜へ 急性肺損傷、気胸から肺炎まで、間質性肺疾患から肺梗塞および挫傷まで。

胸部の検査には、フェーズドアレイトランスデューサー(周波数範囲3.5〜5.0 MHz)が使用されます。 胸膜表面および胸壁構造の詳細な検査には、高周波線形血管トランスデューサー(周波数範囲7.5〜10.0 MHz)が推奨されます。 以来 SIFULTRAS-5.42 前述の頭部超音波の両方であり、検査が容易になります。

肺超音波(LU)は、重症患者に迅速かつ簡単に実行できます。 身体検査と胸部X線撮影を組み合わせた場合よりも診断精度が高くなります。 電離放射線や病院内での潜在的に危険な移動の必要性を回避することにより、安全性を高めます。 LUは、輸液管理、離乳、胸腔穿刺などの治療手順のガイドにも使用できます。 「「

ソース: 肺超音波への実用的なアプローチ.

肺の超音波検査は通常、 救急医、呼吸器科医…

[launchpad_feedback]

私たちが提供する情報は使用されますが、医師、放射線科医、医療スタッフが手順を実行し、臨床応用を行いますが、この記事に含まれる情報は検討のみを目的としています。 私たちは、デバイスの誤用や、この記事に記載されている各臨床アプリケーションまたは手順に対するデバイスの適合性について責任を負いません。
医師、放射線科医、または医療スタッフは、各超音波スキャナーデバイスで手順を実行するための適切なトレーニングとスキルを持っている必要があります。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

サインイン/登録
0